スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第四回倭国闘鶏大会レポート

12/1にVesperで行われました、第四回倭国闘鶏大会、無事終了いたしました。
ご参加いただいた皆様、ご観覧いただいた皆様、ご来場ありがとうございました。



『第四回倭国闘鶏大会』大会レポートをお楽しみください。


残念ながら前回の不定季祭より、公式設置物のサポートをお願いできなくなってしまいました。
しかしながら、チキンの闘志を高めるためにも!
応援してくださる皆様の目を楽しませるためにも!
リングの設置は我々の義務である!!


と、初心に戻った手づくりのリングがVesper銀行前を彩ります。



ring.jpg



今回のコンセプトは、少々季節を先取りしたクリスマス!
心が華やぎますね。



そして早速受付を開始。


受付


受付を済ませたチキンたちがお行儀良く整列し、戦いのときを待ちます。



受付開始の終了までに、過去最多タイの15羽がエントリー!


参加選手とその飼い主の名前(敬称略)は次の通りです。

wasabi (Moca)
PRANA  (Francesca)
Gorgonzola (Narwhal)
Red Hot Chicken Pepper (Himemaru)
Cabernet (Gura)
Koge Yaki Tori (zolf)
BlueBird (Dee)
a karaage chicken tatsuta (nene)
Gio (Frourine)
Capsella Bursa Pastoris (singen)
a ferunandesu (Laura Ingals)
kazoo (Melody)
Kashiwa (Rion)
Marymo (Demeteru)
Siden (Kuon)



それでは今回も、熱い戦いの模様をダイジェストでご覧ください。



120101.jpg




120102.jpg




120103.jpg




120104.jpg




120106.jpg




120105.jpg




120107.jpg





120108.jpg




そしてこの熱い戦いを勝ち上がり、決勝へと駒を進めたのはwasabiとSiden。

Sidenはなんと前大会に続き2度目の決勝戦。
前回は残念ながら2位に終わったため、今回こそ優勝して豪華景品を持ち帰りたい!と
飼い主にも熱が入ります。

対するwasabiは、能力は優れてるのにメンタルがちょっと・・・と評されていましたが、
今大会の初戦で、一度背中を見せたにもかかわらず逆転勝ちを納める、というミラクルを見せた後、
危なげない試合運びで決勝へと進んできました。




120109.jpg



勝負の行方やいかに!



120110.jpg



前回の二位景品に身を包む飼い主からは魂の叫びが聞こえてきます。



120111.jpg




しかし、この熱い決勝戦を制したのはwasabi!!



120112.jpg



弱点だったメンタル部分を克服したと噂されるwasabiの見事な勝利でした。
優勝おめでとうございます。



そしてwasabiとその飼い主に贈られる今大会の優勝賞品はこちら。


一位景品



タングルとCrimson Cinctureのエプロン2枚セットに勇士の表彰状(レプリカ)、
スタッフ手づくりの『勝利の美酒』と、
おまけのバニラノーマルカラー12色セットプラスレアピンクバニラ。




そして、今回もまた惜しくも2位となってしまったSidenとその飼い主に贈られる
ちょっとがっかりな賞品はこちら。


二位景品



次回こそは花を咲かせて欲しい!とのスタッフの祈りを込めた、
フルカラー18色枯れ枝セット、リンゴの幹、桃の木の幹、桜の木の幹、ヤナギの木
そしてこちらもスタッフ手づくりの『涙割り』のお酒。


いやしかし、強者ひしめきあい、勝敗予測が全くつかないこの闘鶏大会において
2大会連続で2位を勝ち取るのは、相当な偉業であると、
今大会においても2回戦であえなく散った司会者は断言できます。
次回以降も活躍を強く期待できる逸材だと言えるでしょう。



今大会の全試合結果はこちらをご覧ください。





第四回倭国闘鶏大会トーナメント表




今回は、大会中、他の日本シャードが次々とサーバーダウンしている!
という情報が飛び込んできて、関係者一同大変ハラハラしておりました。

がしかし、皆様の闘鶏を愛する心と倭国を愛する心のおかげか、倭国は無事持ちこたえ、
無事に大会を終了することが出来ました。


今大会もまた、新登場のチキンと古株のチキンとが入り混じり、
熱い戦いを繰り広げました。

試合を観戦するだけでも、行方の分からない勝負を、手に汗握り楽しむことが出来ますが、
自分が育てたチキンと共に出場する試合では、その興奮と楽しみは何倍にも膨れ上がります。

未だ参加経験の無い皆様も、是非ともかわいい自分の相棒を鍛え、
大会に参加してその楽しさを味わってみませんか?


次回大会にも豪華賞品を用意するべく、我々も頑張って行きますので、
またのご参加、お待ちしております。


スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://wkkhufes.blog20.fc2.com/tb.php/28-d4bf76a6

Comment

鹿頭

レポートの作成、お疲れ様でふよ。

私も書き込もうか迷ったけど、あんまり長くなっても怪しいから、たきやんさんとこで叫んでしまったでふ。
そうでふ、恒例の鹿解説と動画のアップでふよ。

本当は綺麗な動画があるんだけど、画像サイズが表示サイズと違ってて、つまりは少し縮んだり伸びたりした感じに表示されてしまうから圧縮方法を見直す必要があるんだけど、まぁまぁ、今回は良い子の雄姿がなかったので次までの課題になりそうでふ。

さてさて、もう次の大会のための準備を開始したでふよ。
  • URL
  • 2012/12/03 18:02
  • Edit

スタッフ

>鹿頭様

動画の方、早速見に行ってみたいと思います。
ありがとうございました。

次回大会も頑張りますのでよろしくお願いします。
  • URL
  • 2012/12/03 20:07

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。