スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第九回倭国闘鶏大会レポート

6/1に行われました、第9回倭国闘鶏大会は無事終了いたしました。
ご参加ご観覧ありがとうございました。
楽しんでいただけたなら幸いです。


それでは、『第九回倭国闘鶏大会』大会レポートをお送りいたします。


今大会も、会場はVesper銀行前。
春らしい華やかなリングで皆様をお出迎え。


bc9-1.png


21時半になるかならないかのうちに、
参加者の方が続々と集まり始め、盛況を予感させます。



bc9-2.png



整列してしめやかに大会開始を待つチキンたち。
今回大会の出場チキン達は奇跡的にカラーの被りが少なく、
色とりどりの見た目が、より華やかに会場を彩ります。



今回の出場チキン数は、前回を大きく上回る15羽!
初めての参加、という方も何人かいらっしゃって
新しく興味を持っていただいたこと、大変嬉しく思います。


参加選手とその飼い主のお名前(敬称略)は以下の通りです。

Yomogi mochi (Aya)
Pinkie (Rocka)
Takauji (Vermeil)
Gorgonzola (Narwhal)
A Great chicken power (Mizore)
KAJITAMA soul of Blacksmith (Genkotsu)
Cabernet (Gura)
BanBanG (Francesca)
trinsic chicken Jr (AXEL)
Kazoo (Melody)
Million Dollar (Jonah)
Koge Yaki Tori (zolf)
a ferunandesu (Laura Ingalls)
Luminous Boy (Himemaru)
Marymon (Demeteru)



それでは、準決勝までの今回の熱戦をダイジェストでご覧ください。


bc9-3.png



bc9-4.png



bc9-5.png



bc9-6.png



bc9-7.png



bc9-8.png



bc9-9.png



bc9-10.png



bc9-11.png



bc9-12.png



bc9-13.png



奇跡の逆転あり、圧勝ありと、観客を沸かせる試合巧者なチキンたち。
いつものことですが、勝利の行方は全く予想がつきません。


そして、決勝戦!



第5回優勝、前回準優勝のGorgonzola

vs

輝く金色のMillion Dollar


という組み合わせに。


両者とも、闘鶏がお祭の出し物の1つだった黎明期から参加を続けている、
いわば最古参のチキンです。

果たしてMillion Dollarが独立した大会での初の優勝を飾れるか!
はたまた、Gorgonzolaが今回こそ復活王者となれるのか!

手に汗握る決勝戦が始まります。



bc9-14.png



bc9-15.png



bc9-16.png



熱戦を征したのは
Million Dollar!!
おめでとうございます!


そして、お楽しみの優勝賞品ですが、
今回から、恒例の賞品に加え、優勝トロフィーも製作しました。



bc9-17.png



黄金のペガサス像に優勝者の名前を刻印したトロフィー、
そして、
魔法抵抗120のPSC、特殊ヘアダイ、タングル、勇士の表彰状(レプリカ)、小切手2M
スタッフ手づくりの『勝利の美酒』とゴブレット。



そして、当事者以外の皆様には大人気の準優勝景品、
前回大会において、観客の前でコスプレセットの着用を強いられたNarwhalさんの姿は
まだ記憶に新しいものですが、
今回のGorgonzolaの奮闘の結果、
なんと大会始まって以来、2回連続準優勝景品を入手、という椿事に。



bc9-18.png


気になる中身の方は、
優勝トロフィーと形は同じながらも、くすんだ色で、おまけに残念賞と刻印されている
なんだかがっかりなトロフィー、
ハウス間テレポーターの入っていたはずの袋に入れられた、
梅雨らしいなんだかじめっとして虫がたかっている適当なBPA。
そしてスタッフ手づくりの『涙割りの酒』

思うさま涙を追加して飲んでいただければ・・・!


と、このような感じの大会となりました。

試合の全結果はこちらの表をご覧ください、



第九回倭国闘鶏大会トーナメント結果




今回は、新規の参加者の方が増えた大会となりました。
新顔のチキン達もなかなかの奮闘を見せ、
優勝こそならなかったものの、今後が楽しみなチキンばかりでした。


参加してみたいけども、倭国に家がなくて・・・、
というご相談をたまにいただきます。
そういった方々にも気軽に参加していただけるように、と、
試験的に、貸し出し用の鶏小屋とふ化器を設置した家をご用意してみました。
大量に飼育して一大ブリーダーに!と言うご要望にはお応えできない規模ですが、
最低限、数羽ずつのチキンの収納と彼らが産む卵の孵化はできる施設となっておりますので、
ご利用になりたい方がいらっしゃいましたら、
倭国大行商や闘鶏大会でのイベント時、
もしくは、毎週水曜日22時より開店しています『Battle Chicken Bar』にて
Gura宛てにお声をかけていただければ、ご案内をいたします。
お気軽にどうぞ。

Battle Chicken Barの場所はこちら

bcbmap.jpg


それでは、今回もご参加ありがとうございました。
次回大会もお楽しみに!!




スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://wkkhufes.blog20.fc2.com/tb.php/65-838d2fe6

Comment

エクシール

大会運営・レポートお疲れ様でした。楽しく読ませていただきました。
BPAの公開がブログであったのは、SA使用の私にとって大変嬉しいです。
カタツムリとかがよくできていると思います。
ニワトリもリザードも、虫系は好物っぽいですよね。
UOではワラしか食べないという徹底ぶりですが。
次回の大会も楽しみにしております。ありがとうございました。
  • URL
  • 2014/06/02 20:17
  • Edit

スタッフ

>エクシールさん
ご感想ありがとうございました。
ワクワク感とガッカリ感を、当事者以外にも感じていただきたい!
と、そういう思いで賞品の公開をしています。
特に二位景品は目録だけでは分かりにくいですものね。
それでは次回をお楽しみに!
  • URL
  • 2014/06/03 01:03

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。